2010年05月28日

大河原町の少年(2010年5月28日)

 今日は多賀城市で朝の街頭演説、午後からは県南部に遊説活動。名取市、柴田町、大河原町、村田町へ。

 各地とも「がんばって!」と声をかけてくれたり、クルマの中から手を振ってくれたりとすこぶる反応がいい。

 村田町では町議会議員でもある渡辺元道氏も応援に駆け付けてくれて心強い。

 ここでも多くの方から声をかけていただいた。みんなの党への期待をすごく感じている。

 大河原町で街頭演説をしていた時である。駅前の交差点で演説していたところ、自転車に乗った少年がじっと私の方を見ている。

 青信号になっても交差点を渡らない。友達を待っている様子もない。

 どうしたんだろうかと思いながら、国政への思いを訴え続けた。演説が終わるとその少年が来て私に言った、

 「世の中の事がとてもよくわかりました。」

 小6のメガネをかけた少年は、私の演説をずっと聴いていてくれたのだ。

 そして「お父さんやお母さんにも教えたいから名刺を下さい。」とまで言ってくれた。 今の世の中、子供でもおかしいと思っているのだ。

 そして、みんなの党の政策が子どもにまで支持されるのだ。未来の政治家よ、勇気をありがとう。君たちが大人になった日のためにも我々が新しい日本を創っていかねばならない。

 そう強く感じた一日であった。
posted by きくちふみひろ at 00:00| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
つい最近、テレビで菊池さんがみんなの党で立候補したと知りました。
民主を抜けてきた菊池さんだからこそ、わかることやできることがあるかもしれません。
自民のなあなあ事も民主のキレイ事もコリゴリです。
頑張ってください。期待しています。
Posted by 仙台市民A at 2010年05月30日 19:39
 仙台市民Aさん、ご激励ありがとうございます。ともに頑張りましょう。
Posted by きくち at 2010年05月31日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。