2010年06月07日

山内党副幹事長来仙!

東京からみんなの党副幹事長である山内康一衆院議院が応援に駆け付けてくれた。忙しい最中に本当にありがたい。

菅新総理が誕生したが、表紙や裏表紙を代えただけで民主党の本質は何も変わらないという事を切々と訴えられた。本当にその通りだと思う。総理大臣を変えるのであれば解散総選挙をして国民に信を問うべきだ。それをしないどころか、閣僚の殆どを留任させるのは、鳩山内閣と何も変わらないのではないか。

表紙を変えただけで中身が変わっていない事を繰り返し、バラマキ政治を続けるのであれば、確実に日本は破綻に向かっていく。今この時が、日本を変える時だ。根本から治していかなければならない。

街頭では足を止めてくださる方もあり、民主党の暴走をやめてほしいといったような声もあり、みんなの党への期待の大きさをひしひしと感じた。自民党ではダメだった。民主党に任せてみたけど頼りない。我々みんなの党は、しがらみの無い政党。だからこそ思い切った改革が出来るのだ。誰かの利権を守るための政治はしない。

私も真の政治家になる。そう強く感じた一日であった。
posted by きくちふみひろ at 00:00| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。